特徴

ナノカプセル化されたコエンザイムQ10と酵母・発酵由来エキスを贅沢に配合したミルク美容液。エイジングケアで人気の高いコエンザイムQ10をナノカプセル化することによって浸透力を高め、うるおいが不足しがちな肌をしっかりケアします。また天然酵母から抽出された酵母由来成分は、肌に必要なアミノ酸やビタミンなどの保湿成分を豊富に含んでいます。肌への浸透力を高めた発酵プラセンタや、2段発酵させた酵母由来成分の他、オーガニック(有機栽培認証)の植物由来エキスを11種類配合。

使用感

エイジングによって低下したハリや不揃いな肌理に悩むアラフォー世代には嬉しいコエンザイムQ10と酵母・発酵由来エキスを配合した美容乳液です。ボトルはワンタッチキャップの柔らかなプラ素材。片手で開閉できるワンタッチキャップって便利ですよね。毎日使うものだからストレスフリーなデザインのほうがわたしは好きです(高級感はないですけど)。テクスチュアはとろっ。でも使用感はさっぱり。メインで配合されているコエンザイムQ10がナノカプセル化してあるので、とにかく浸透力が良いのが特徴。すーーーーと、とけ込むように肌に馴染んで、しっとりと潤います。べと付かないのにしっとりっていうのは、混合肌のわたしにはありがたい・・・!そして、手の平全体でしっかり浸透させてあげると、なめらかでふっくらな肌に。香りも柑橘系のような、ゼラニウムのような、フレッシュでさわやかな香り。同ラインの化粧水の香りはちょっと合わなかったけど、こっちは万人受けすると思います。あと、美容液と乳液を兼ねているので、ちょっとした時短にもなりますよ。

比較>「SK-II ジェノプティクススポットエッセンス」

同じ酵母系基礎コスメといえば、SK-II・・・SK-IIのジェノプティクススポットエッセンスは、そのこっくりとしたテクスチュアで、気になる肌の部分をしっかりピンポイントに狙い撃ち。化粧水で肌を整えた後に使用していますが、伸びも悪くないので広範囲にも対応できます。スポイト式で量の調整もしやすいのもいいですね。適量が必ず出てくる仕組みです。セラムということで、この後にクリームか乳液を使用することを考えると混合肌のわたしとしては、べたべたした感触のものは遠慮したいところですが、SK-IIのジェノプティクススポットエッセンスなら、適量で丁度、顔全体がいい感じにしっとり。わたしは頬の高いところにシミが出来やすいから、その部分に少し追加しています。朝使っても、べたつかないし、化粧下地の邪魔にならないのでストレスなく続けられそう。ホワイトニングケアは一朝一夕で結果はでないから、使い心地ってとても大事です。

関連するまとめ

セリオキシル デンサーヘアを使ってみました

セリオキシル デンサーヘアは、ロレアル独自成分ステモキシジン配合していて、頭皮環境を整えて美しい髪にしてくれ…

yohko / 285 view

サラサロン ストレートヘアオイル

サラサロン ストレートヘアオイルを使ってみました

manacake / 487 view

関連するキーワード